建築CADって?

CADとは?(computer-aided design)コンピュータを用いて設計をすること、あるいはコンピュータによる設計支援ツールのこと(CADシステム)

CADシステムにもいろいろな種類があります。

一般的に設計支援するCADシステムと特定の業種に特化した設計支援をするCADシステムに分かれます。

例えば、AUTOCADは一般的なCADシステム・JWCADは、建築業界向けCADシステムというようなイメージです。

AUTOCADサイトはこちら

JWCADサイトはこちらから

AUTOCAD??という方もいらっしゃるかと思いますが、AUTOCAD(オートキャド)はオートデスク社がリリースしている世界的に数多く使われているCADシステムです。

いろいろな業種で使われており、建築だけでなく機械設計など幅広い業種で使用されています。

一方JWCADは、フリーソフト(誰でもダウンロードして使える)で特に建築業界では定番となっています。

ここでもう少し突っ込んでいくと、2次元CADと3次元CADに分かれます。

2次元とは、X軸とY軸があり平面的な要素で奥行きがない状態です。

3次元とは、2次元にプラスZ軸が加わり奥行きを表現することができます。

2次元CADとしては、JWCADやAUTOCADもどちらかというと2次元CADになると思います。

3次元CADも建築専用と一般汎用CADに分かれます。建築専用CADの方がどちらかというと専用に作られている部分建築に携わる方にはわかりやすくできていると思います。

ここでチェックです。

建築専用CADにも3次元と2.5次元のCADがあります。2.5次元??

皆様ご存知の通り建築専用CADシステムは、平面図を入力すると立面図やパースが立ち上がってきます。

3Dで立ち上がるのですが、ダイレクトではなく計算工程を経て立ち上がる場合は、2.5次元のCADと考えていいでしょう。

一方平面を入れると同時に3D化してくる場合は、完全3次元CADと考えていいと思います。

結構これは重要で2.5次元だと平面は直したけど立面パースがなおっていない等不整合性が出やすくなります。

また平面を入力しながらパースで形状を確認できるため、ビジュアルで非常にわかりやすいのが完全3DCADになります。

建築CADを導入する場合は、まずは、建築専用であること!それから完全3DCADであることを確認してください。

そうすることで、導入後の使い勝手などが変わってくると思います。

もっと詳しく知りたいという方はお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちらから→