建築CADってどれも同じ?

前回は建築CADの種類をご案内しましたが、今回は建築専用CADってどれも同じなの?という質問をよく受けます。

正直それぞれ全く違うといっても過言ではありません。

まず何を目的に作られたCADシステムか?で入力過程も成果物も変わってきます。

例えば、確認申請や実施設計に強いCADもあれば、プレゼン打ち合わせに強いCADもあります。

最終目的が違うと当然入力過程においても必要な工程が多かったり少なかったりします。

当然入力工程が多いと難しい面倒だという認識になりますが、逆に入力工程が少なく早いとなると簡単で使い易いというイメージにつながります。

建築専用CADシステムA社と当社のウォークインホームを比べると成果物・出来ることや出来上がったものを比べるとさほど違いがあるように思えません。

でもその入力過程・入力時間などを比べると全く違った結果となります。A社の入力には1時間かかるものが、ウォークインホームだと1/4・15分で終わります。

ただし、A社の場合は、時間をかけて入力できる分細かく設定したり個別の要素ごとに変更したりが可能です。

このように使う側の用途によって、建築専用CADを選別したほうが導入後「失敗した」となるケースは少なくなると思います。

A社のCADを選ばれる場合は、設計事務所や専任の設計士がいて細かい設計にこだわるというようなケースがいいかと思われます。

一方ウォークインホームの場合は、はっきり言って、工務店様・建築会社様・リフォーム会社様向けです。

簡単で早くしかもほぼ施工会社様がしたいことができるという点が一番合っているところです。

あと、建築CADシステムで大きく違うところは価格差です。それについては次回にいたします。

建築CADシステム比較サイトはこちらから

お楽しみに!