IT導入補助金を活用してITツールを導入しましょう!

IT導入補助金とは?

・中小企業がITツールの導入に際して、補助金を申請できる支援事業です。

上限額 50万円

下限額 15万円

補助率 1/2以下

例;WalkinhomeSP スタンダード 70万円がIT導入補助金を活用すると、実質負担額35万円

・IT補助金を申請するときは、IT導入支援事業者のサポートが必要です。

キャドネットは、IT導入支援事業者に採択されました。

補助金の申請って難しいし、わからないことが多いし、面倒だと思っている方は、当社にお任せください。

キャドネットでは、IT導入補助金の申請をしかりとサポートします。

・キャドネットがお薦めするITツール

建築CADシステム Walk in homeSP(ウォークインホームスペシャル)

①スタンダードタイプ プレゼン機能に特化したプレゼンCADシステム

税別価格¥700,000がIT補助金を活用すると¥350,000に!

スタンダードタイプの詳しい機能紹介はこちらからご覧ください→

②プロフェッショナルタイプ プレゼンから設計図書・伏せ図・外皮計算までPRO向きのCADシステム

税別価格¥1,000,000がIT補助金を活用すると¥500,000に!

プロフェッショナルタイプの詳しい機能紹介はこちらからご覧ください→

基幹システム(建築会社向けアプリケーション) 建築ナビゲーターシリーズ

①建築ナビゲーターLite(ライト) Walkinhomeから積算数量を取込仕上げを選択するだけで見積書を作成

税別価格¥300,000がIT補助金を活用すると¥150,000に!

建築ナビゲーターLite(ライト)の詳しい機能紹介はこちらからご覧ください→

②建築ナビゲーターSTD(スタンダード) Liteの機能に発注管理・工程管理・写真台帳・顧客管理機能搭載

税別価格¥600,000がIT補助金を活用すると¥300,000に!

建築ナビゲーターSTD(スタンダード) の詳しい機能紹介はこちらからご覧ください→

③建築ナビゲーターPRO(プロフェッショナル) STDの機能に工事台帳・支払い管理の機能搭載

税別価格¥1,200,000がIT補助金を活用すると¥700,000に!

建築ナビゲーターPRO(プロフェッショナル) の出力サンプルはこちらからご覧ください→

④建築ナビゲーターALT(アルティメット) PROの機能に販売管理の機能搭載

税別価格¥1,500,000がIT補助金を活用すると¥1,000,000に!

建築ナビゲーターALT(アルティメット) の出力サンプルはこちらからご覧ください→

キャドネットがお薦めする【ITツール】の導入チャンスです。ぜひ下記よりお申し込みください。

 

・IT導入補助金の申請に必要な書類等

①申請者のメールアドレス・法人番号(個人事業主の方は必要ありません)

②法人の場合 履歴事項全部証明書・決算書直近2期分

個人事業主の場合 公的身分証明書・事業実在証明書(名刺、チラシ、パンフレットのいずれか)収支内訳書か確定申告書

・IT導入補助金の申請手続きの流れ

①下記よりキャドネットのフォームにてお問い合わせください。

メールアドレス・法人番号(法人番号がわからない場合は後ででも大丈夫です)をご用意して下記フォームに入力してください。

キャドネットに問い合わせする→

②下記必要な書類をご用意ください。

法人の場合 履歴事項全部証明書・決算書2期分

個人事業主の場合 公的身分証明書・事業実在証明書(名刺、チラシ、パンフレットのいずれか)収支内訳書か確定申告書

③IT補助金ホームページより経営診断ツールを行う。

経営診断ツールとは?

本事業による補助を希望する中小企業・小規模事業者等のみなさまには、「経営診断ツール」を活用して、経営課題を把握していただきます。「経営診断ツール」とは、「ローカルベンチマーク」をもとに、本事業で診断を行うためのツールです。本事業においては、「経営診断ツール」を活用して作成した、事業の生産性向上のための事業計画を、交付申請時に提出します。

経営診断ツールはこちらから→

ご不明な点や分からないときはお気軽にキャドネットにお問い合わせください。しっかりとサポートさせて頂きます。

キャドネットに問い合わせする→

④独立行政法人情報処理推進機構SECURITY ACTIONの「★一つ星」または「★★二つ星」いずれかの宣言を行う(申請の際に必要となります。不明な点等ございましたらお気軽にキャドネットにお問い合わせください)

SECURITY ACTIONのホームページはこちらから→

⑤交付申請(交付申請もキャドネットがしっかりとサポートいたします、ご不明な点などお気軽にお問い合わせください)

1.キャドネットから『申請マイページ』の招待を受け、代表者氏名等の申請者基本情報を入力する。

2.事前準備で実施した「経営診断ツール」の診断結果のIDや、「SECURITY ACTION」のアカウントIDの情報、事業計画等を『申請マイページ』へ入力する。

3.キャドネットから申請内容の確認依頼がきたら、『申請マイページ』で宣誓と最終承認を行う。

4.最終承認後、キャドネットから事務局に交付申請を提出する。(=代理申請)

加点ポイント(下記取り組みをしていれば加点されます)

⑥交付決定

申請後は交付決定通知を待ちます。

一次公募交付決定日 2018年6月14日(木)

二次公募交付決定日 2018年8月15日<予定>

三次公募交付決定日 2018年10月中旬<予定>

交付が決定通知がでたら、キャドネットよりお知らせいたします。

一次採択で不可の場合再度二次公募に申請できます。

⑦補助事業の開始(ITツールの発注・契約・支払い)

「交付決定」を受けた後に、ITツールの発注・契約・支払い等を行うことができます。

注意;交付決定の連絡が届く前に発注・契約・支払い等を行った場合は、補助金の交付を受けることができません。ご注意ください。

1,キャドネットより、発注書・契約書を発行いたします。署名捺印後キャドネットにFAX・メールしてください。

2,キャドネットより請求書を発行しますので、支払期日までにITツールの全額をお支払いください。

3,納品日を決定し、納品とインストール・初期指導に伺います。

⑧事業実績報告

補助事業の完了後、実際にITツールの発注・契約、納品、支払い等を行ったことが分かる証憑を提出します。
証憑の提出は、以下の流れで行います。

  1. 事務局指定の証憑様式に従い、証憑書類を準備する
  2. キャドネットが中小企業・小規模事業者等のみなさまから事業実績報告に必要な情報及び証憑を取りまとめて、事業実績報告を作成する
  3. 上記作成された事業実績報告の内容を、中小企業・小規模事業者等のみなさまが確認・承認する
  4. キャドネットが、みなさまの代理で事業実績報告を行う
⑨補助金交付手続き

事業実績報告が完了し、補助金額が確定すると、『申請マイページ』で補助額を確認できるようになります。その内容を確認した後に補助金が交付されます。

⑩事業実施効果報告

事業終了後5年間(計5回)にわたり、毎年4月1日から翌年3月末日までの1年間における生産性向上等に関する情報を、事務局に事業実施効果報告します。
事業実施効果報告では、『申請マイページ』より必要な情報を入力してください。

もちろん、事業実施効果報告もキャドネットがしっかりと5年間サポートさせて頂きます。

大体概要はお判りいただけましたか?

大変だ、難しいなと思われる場合は、お気軽にキャドネットにお問い合わせください。

キャドネットが、しっかりとサポートいたしますのでご安心ください。

ご不明な点や、ご質問などございましたらお気軽にこちらからお問い合わせください→