建築CADってもともと何?

建築CADのもともとは何?

いろいろな諸説がある中私はこれが最初かな?って思っています。

建築CADの最初は【コスもCAD】だったと思います。

コスモCAD?コスモ80(エイティ)という当時ベンチャー企業が開発リリースした建築専用3DCADです。

当時は1500万ぐらいしていたかと思います。

コスモ80という会社がもともとは造船CADシステムの開発をしていたグループが分かれて立ち上げたと聞いています。

造船CAD?

そう船を作るときにCADシステムで3D化していたんですね。

皆さんもご存知の通り、第2次大戦以前より日本の造船技術は世界でも一流でした。

戦艦大和・武蔵など世界最高峰の戦艦を作り出していました。

しかし世の中が船から空⇒飛行機の時代に移行していったため日本は大きく遅れることとなりました。

しかし戦後も世界屈指の造船技術は残り、戦後高度経済成長とともに新たに復興しました。

そんな造船技術の中から生まれたのが、3DCAD!

3DCADを住宅業界向けに開発したのが【コスモCAD】でした。

建築専用CADシステムが世の中に出回るようになって半世紀過ぎました。

これからもどんどん進化し、より使い易いものとなっていくかと思います。

次回は、建築CADの半世紀の遍歴を見てみましょう。