お電話でのお問合せは046-297-3395までお問い合わせください!

IT導入補助金2020活用

最高のプレゼンテーションWalk in home (ウォークインホーム)はこちらから

今、建築業界は最小限の費用でIT武装化が可能になる
IT導入補助金2020の詳細が決定しました。

IT補助金2020

【補助対象経費】
なんと!3/4の補助率

今年はA類・B類のほかに特別枠として『C類』が追加されました。

  • C類の2 補助金額:30万円から450万円(40万円から600万円のITツールが対象)補助率3/4
  • 非対面ビジネス・テレワークに必要なハードウエア(レンタル)も対象

IT導入補助金2020の特徴

A類とB類に関しては昨年とほぼ同様の内容です。
A類:パッケージソフトをメインとした分類
B類:自動化効率化ツール+高額パッケージとした分類

C類:新型コロナウィルス対策用として新たに設けられた特別枠

【IT導入補助金まるわかり動画は下記よりご視聴ください!(約25分)動画内レジュメはこちらからご覧ください

追加されている項目としては、gBizID(ジービズアイディ)の申請が必要です。(現在申請し、印鑑登録証明書・印鑑証明書を事務局郵送後1週間程度でパスワード発行)
計画目標に従業員の給与が年率1.5%以上増加することが盛り込まれなければなりません。
また実際経過報告をする義務が発生します。(支払われていない場合、補助金返還を求められる可能性があります)

申請費用は全てキャドネットが負担

    • 今回より申請業務に中小企業診断士の先生2名にご参加いただきまして、より多くの皆様が活用いただけるようにいたしました。
      (申請は無料です。すべてキャドネットが負担いたします)

新しく加わったC類

今回新たに加わったC類が大きな特徴と言えます。
新型コロナウィルス対策として、下記3点の内1点以上の対象が必要です。

➀非対面ビジネスへの転換
IT補助金 非対応ビジネスへの転換
➁テレワークの推進
IT補助金 テレワーク(在宅勤務)の推進
➂顧客へ製品供給するためのITツール投資
IT補助金 顧客へ製品供給するためのITツール投資
➃ハードウェア(レンタル品)も対象
IT補助金 ITツール投資
※通信料は含まれません

C類の一番の特徴は補助率が3/4となり、120万円のITツール(ハードウェアも含む)を導入した場合、実質負担額が30万円で、90万円が後から戻ってくるという点です。他のA類B類では1/2なので120万円だと60万円しか戻りません。

A類・B類  ITツール 120万円導入  補助金1/2  実質負担額:60万円

C類    ITツール 120万円導入  補助金3/4  実質負担額:30万円
5月7日以前も対象となりますが、現実対象は少ないかと思われます。まず6月12日・26日申請に向けてC型で進めるのが得策と考えます。

交付申請期間

2020年5月中旬より2020年12月末日まで
C類のみ現在より対象・さかのぼり申請でも可(新型コロナウィルス対策のため早急な支援可)

第1回交付決定 5月末まで申請分 6月末採択結果
第2回交付決定 6月12日まで申請分(終了) 7月15日採択結果
第3回交付決定 6月26日まで申請分(終了) 7月29日採択結果
第4回交付決定 7月10日まで申請分 8月12日採択結果
第5回交付決定 7月31日まで申請分 8月31日採択結果
第6回交付決定 8月31日まで申請分 9月30日採択結果

原則 交付決定後の契約・入金・納品となります。(C類対象外)

IT導入補助金を活用して新型コロナウィルスの第2波に備え、
『非対面ビジネスツール』を導入してウィズコロナ対策を行いましょう!

2020年当社お勧め対象ITツール

C類2

120万円  実質負担額30万円(税別)!
その他 建築ナビゲーター VRシステム ハードウェア 他いろいろな組み合わせが可能です。
NO CAD 非対面ビジネスツール ハードレンタル 管理ツール
1 Walk in homeS PLAZA&Sphere PC(デスクトップもしくはノート)
2 Walk in homeSP PLAZA&Sphere PC(デスクトップもしくはノート)
3 Walk in homeSP PLAZA&Sphere PC(デスクトップもしくはノート) 建築ナビLite
4 Walk in homeSP PLAZA&Sphere PC(デスクトップもしくはノート) 建築ナビSTD
5 Walk in homeSP PLAZA&Sphere PC(デスクトップもしくはノート) 建築ナビPRO
6 Walk in home x5ライセンス PLAZA&Spherex5 PC(デスクトップもしくはノート)x5

補助金申請期限 間近!次回7月10日17時まで!
この機会に申請して採択されれば『ウィズコロナ対策』としてIT武装化を最小限の費用負担で進めて、ともに難局を乗り越えていきましょう!


申請はキャドネットが代行(無料)
申請後採択が下りた後に契約入金・納品サポートとなります。
特にC類においては、PLAZA(プラザ)システムとSphere(スフィア)システムを組み込み
➀非対面ビジネスと➁テレワークに特化したシステム構成となります。