建築ナビゲーター

こんにちは!タラちゃんです。

今日は、当社の基幹システム【建築ナビゲーター】をご紹介します。

【建築ナビゲーター】とは?

Walk in home(ウォークインホーム)で入力した物件の積算数量を取り込み、仕上を選択するだけで見積書を作成することができるシステムです。

あらかじめ実行単価も登録しておくと、実行予算管理も出来、この工事が取れればいくら粗利が出るという予測にも使えます。

見積のサンプルはこちらからご確認ください→

【建築ナビゲーター】は、大きく分けると4つの構成に分かれます。

まず上記の積算・見積機能→建築ナビゲーターLite(ライト)

 

二つ目は、発注管理までできる→建築ナビゲーターSTD(スタンダード)

Lite(ライト)の機能に顧客管理(営業顧客管理+OB顧客管理)+工程管理+発注予算管理(業者別発注管理)+工事写真台帳+アフター管理までの機能が追加されます。

【建築ナビゲーター】STDは詳しくはこちらから→

 

三つ目は、工事台帳まで管理できる→建築ナビゲーターPRO(プロ)

STD(スタンダード)の機能に現場日報入力と仕入入力・支払い入力をすると自動で工事台帳を作成します・

集計項目は、

 

工事台帳集計表・原価報告書・工事台帳内訳書・期間工事実績集計表(期間(年度)の工事実績集計)工事進行表(月度工事進行状況)日報集計表(自社工事原価集計表)期末工事実績表・業者別仕入れ台帳・現場別仕入れ台帳・請求支払い集計表(支払い区分別集計表・業者別支払金額集計表・支払通知書)科目別支払い実績(材料・労務・外注・経費の科目別支払い金額集計)出来高予定表(発注者からの支払い予定表)工事データー分析(請負区分・工事区分・経審区分・完成区分・営業担当・工事担当別集計表)仕入データー検索(仕入・発注データーから各現場での使用材料を検索)工事経歴書(経営審査対応工事経歴書)経審区分集計表(経営審査区分集計表)

まで集計し、印刷も可能です。工事台帳の出力サンプルはこちらからご確認ください→

また、複数でお使いいただくためにLAN版とWAN版もご用意いたしました。

LAN版とは?例えば、営業マンと現場管理者と経理それから経営陣など社内で複数人が使用する場合(5ライセンスと10ライセンスをご用意いたしました)

WAN版とは?拠点が別にあり複数の拠点で複数人で使用する場合になります。

 

 

四つ目は、販売管理まで対応できる→建築ナビゲーターALT(アルティメット)

工事台帳の機能に売上入力と請求入力・入金入力をすると、得意先元帳・請求残高一覧・入金実績・売上利益・年間売上対比など会社全体の管理ができます。

建築ナビゲーターの機能・価格一覧表はこちらからご確認できます→

以上のように用途に合わせて構成を変えることもできます。

まず見積だけという場合は、Lite(ライト)

発注管理までという場合は、STD(スタンダード)

工事台帳までという場合は、PRO(プロ)

会社全体を管理したい場合は、ALT(アルティメット)

レベルアップも可能です。例えば、Lite(ライト)をまず導入して慣れたらSTD(スタンダード)にレベルアップするその場合、差額にて対応いたします。

また、IT導入補助金のITツールとしても登録しています。IT導入補助金を使うと半額の1/2の補助を受けることも可能です。

キャドネットのITツールはこちらから確認できます→

基幹システムは、いろいろな管理をしていく上で必ず必要となります。

ぜひご検討いただき、不明な点やご質問がある場合はお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせフォームはこちらから→

お電話でお問い合わせは、046-297-3395(担当 田羅間まで)ご連絡ください!