2019年IT導入補助金申請がスタート

いよいよ『IT導入補助金』の申請が、5月27日(月)よりスタートします。

【IT導入補助金】とは?

中小企業・小規模事業者等のみなさまが自社の課題やニーズに合ったITツールを導入する経費の一部を補助することで、みなさまの業務効率化・売上アップをサポートするものです。平成28年度よりスタートし、今年で3年目を迎えています。過去多くの中小企業がこの制度を利用し、ITツールを導入しています。

【補助対象者】

中小企業・小規模事業者等(飲食、宿泊、卸・小売、運輸、医療、介護、保育等のサービス業の他、製造業や建設業等も対象)個人事業者も対象です。

【補助対象経費】

ソフトウエア費、導入関連費等 注:ハードウェア・システム開発費などは対象に含まれません。
認定された【IT導入支援事業者】が取り扱い尚且つ審査にて認定を受けたITツールのみ対象となります。

当社対象ITツール

    1. Walk in home(ウォークインホーム)シリーズ
    2. 建築ナビゲーターシリーズ

【補助金の上限額・下限額・補助率】

  • A類型 40万円~150万円未満 業務プロセスが2個以上当てはまるもの
  • 導入費用80万円から300万円未満      当社上記商品1と2
  • B類型 150万円~450万円  業務プロセスが5個以上当てはまるもの
  • 導入費用300万円以上
    例)建築ナビゲーターPRO LAN版+Walk in home複数ライセンス
  • 建築ナビゲーターPRO LAN版(導入費用含む)300万+Walk in home(ウォークインホーム)5ライセンス600万円(導入費用含む)=900万円のうち、450万円が補助されます。
  • 補助率 1/2以下 導入費用の半額を補助
    例)当社の200万円のITツールを導入した場合、申請して採択を受けると100万円が補助金として戻ってきます。

【IT導入補助金活用の流れ】

    1. 5月27日(月)から6月12日(水)までに申請する。当社が申請のお手伝いをいたします。法人番号・メールアドレス・決算書2期ご用意ください。
    2. 採択結果が6月26日(水)採択結果が出ます。登録したメールアドレスに結果が送信されます。
    3. 採択を受けた方は『IT導入補助金』を活用して導入することが可能となります。残念ながら不採択の場合も2次募集にて再度申請が可能です。
    4. 導入するITツールの契約をします。(注;申請結果が出るまで契約行為は厳禁です)
    5. ITツールの支払い・納品・初期指導などを受けます。
    6. 事業完了報告をIT支援事業者が行いますので、確認してください。
    7. 事業完了確認通知が送られてから約2か月以内に指定された口座に補助金額が振り込まれます。(昨年は2週間程度で振り込まれていました)

以上のように『IT導入補助金』は、申請後採択結果が出て初めて使える補助金なので、まずは先に申請をしましょう!
申請結果次第でその後どうするかを判断してください。ただし、今年は1次申請期間が、6月12日(水)までと17日間しかありません。時間があまりないのと補助金額が例年より大幅に増えています。この1次募集期間で予算を使い切る可能性もあります。早いもの勝ちと考えて、1次申請期間で申請することをお勧めします。

お問い合わせもっと詳しく知りたい、どうやって手続きするの?という方はこちらから