Walk in home(ウォークインホーム)とは

簡単に誰でもすぐ使えるプレゼンCAD(Walk in homeウォークインホーム)として、2002年開発されリリースされました。完全3次元CAD(Walk in homeウォークインホーム)であり、すべてが連動して変更されるので、変更・修正のトラブルがなく容易に扱うことができます。また、対面プレゼンを意識した設計なので、ビジュアルをプレビューしながら確認ができます。

Walk in home(ウォークインホーム)は、基本パッケージ(スタンダードとプロフェッショナル)が2タイプあります。

Walk in home S(ウォークインホーム)スタンダードの機能

①(Walk in homeウォークインホーム)の入力がいたって簡単!

間取りを矩形もしくは、連続入力するだけでパースが立ち上がります。

もしくは、最新売れ筋間取りプランより土地形状に合わせたプランを検索し、その中から選択できます。

②Walk in home(ウォークインホーム)はパースを立ち上げても自由自在に変更

Walk in home(ウォークインホーム)はパースを立ち上げてからも、自由自在に変更できます。パースで変更した内容は平面にも反映します。

③Walk in home(ウォークインホーム)の日当りのシミュレーション

季節や時間に応じた日当たり設定が可能で一日の日の流れが確認できます。

④Walk in home(ウォークインホーム)リアルなCG画像

Walk in home(ウォークインホーム)は、間取りが決まったらレイトレーシングをかけるとリアルなCG画像が出来上がります。

外観
青と白のリビング
Walk in home
内観2

更にリアルなCGにしたい場合は、Walk in home(ウォークインホーム)のオプションV-rayでレンダリングすることにより高品質なCGが出来上がります。V-Rayはこちらから→

⑤Walk in home(ウォークインホーム)は耐力壁計算(筋交い計算)が可能

Walk in home(ウォークインホーム)は、建築CADなので、耐力壁計算(筋交い計算)も行えます。プレゼンだけではなく実際にプラン下家が建つかどうかもチェックができます。

また、耐震等級判断も可能です。(耐震等級1,2,3判定)

筋交い計算・長期優良住宅シミュレーションの動画は下記よりご覧ください。

⑥Walk in home(ウォークインホーム)は、北側斜線や道路斜線のチェックが可能

⑥Walk in home(ウォークインホーム)は、敷地を入浴すると北側斜線や道路斜線のチェックができます。

⑦Walk in home(ウォークインホーム)は、リフォームにも対応しビフォアーアフターの表示や積算も可能


⑧Walk in home(ウォークインホーム)は、太陽光パネル、低炭素住宅の計算が可能

Walk in home(ウォークインホーム)は建築CADなので、太陽光パネルの計算や低炭素住宅の計算を行うことができます。


太陽光パネル計算

外皮計算

⑨Walk in home(ウォークインホーム)は、直下率計算が可能

Walk in home(ウォークインホーム)は建築CADなので、直下率計算も行うことができます。

⑩Walk in home(ウォークインホーム)は、いろいろなプレゼンボードに出力ができます

02
cadnetプレbp
サンプルPB03 (1)
郷の家

Walk in home(ウォークインホーム)Sタイプ(スタンダード)の動画をご覧ください。