建築CADとは?

建築CADが世の中に出てきて早35年が過ぎました。

当初の建築CADは、1000万以上しかもカラーなどなく白黒で、平面図・立面図が主体でした。平面図を入力すると立面図が立ち上がる!当時はそれだけでも画期的で金額も高いものでしたが、結構売れていました。平面図の表現や設計者の意図する図面作成に主眼が置かれ平面から立面・断面など機能アップが図られました。

それから、各社の開発も進みパースが主流となり、設計者目線から施主や専門家以外にもわかり易いシステムへと変革していきました。

バブル崩壊後価格も大幅に安くなり、より一層建築CADの普及が促進されました。普及とともにいろいろな機能追加も行われ、建築CADがあればほぼほとんどの事ができるまでに成長してきました。

また、PC(コンピューター)やOS(オペレーションシステム)の著しい発展もあり、建築CADも大きく変貌してきました。

当初は設計者の意図する図面作成のための道具だったものが、今ではプランニングから設計図面作成・各種計算チェック・積算から見積までほとんどの業務に携わるシステムへと進化しました。

今では一般施主の方もパースは当たり前で、打合せにおける建築CADは必需品となってきました。

しかし、何でもできる建築cad=高機能=難しいというイメージが定着したのも事実です。安くなったとはいえ、数百万数十万する建築CADが難しくて使えない、オペレーターなしでは使えないではもったいないのも事実です。皆さんもスマートホンを連想してみてください。今のスマートホンはかなりの機能がありますが、それを全部使いこなしている人がどれだけいるでしょうか?ほとんどの方が電話とメール/SNSを見るぐらいしか使ってません。
建築CADも同様でかなりの高機能ですが、「何を主体に使うのか?・どこを重要視するのか?」で選択する時代に入ってきていると感じます。

もし、建築CADの選定で迷われているようでしたら、【何でもできる】ではなく、【自分がやりたいことに特化できる】システムを選定することをお勧めします。